ネクストモバイルの使用感について、管理人サヤがまとめました

2017年に発売されたMVNO系のモバイルwifi「ネクストモバイル(NEXT mobile)」。

ご訪問者様は、ネクストモバイルを契約しようか情報を探していて、当サイトをご訪問ではないでしょうか?

管理人サヤは、イベント企画・製作の仕事をしているため、外出先でのネット通信の機会が多く、モバイルwifiルーターは必須です。

その中で、色々なモバイルwifi端末を使っているうちに、ネクストモバイルが最強のwifiルーターであることが分かりました。

エリア、容量制限(速度制限)、料金面、すべてを考慮すると、ネクストモバイルが一番使い勝手が良く、コストパフォーマンスが最強だからです。

こちらでは、ネクストモバイルの管理人の使用感や口コミを、WiMAXやワイモバイル系のポケットwifiとの比較も交えて、詳しく解説したいと思います。

WiMAXへの不満が募る日々…

WiMAXの電波が入らなくてイライラ

WiMAXって、エリアが狭いですよね?

室内で使うと、全然電波が入らなくないですか?

管理人はWiMAXを使用していて、このWiMAXの電波の悪さにはいつもイライラしていました。

管理人の住む東京都心はビルが立ち並ぶ地域が多く、WiMAXはビル街のような電波が遮断されるエリアに極端に弱い…

さらに管理人はイベント関係の仕事をしているので、会場が地下の事が多いんです。

WiMAXは、地下で電波が届くことはほとんどありませんから

「もう!どうして電波が入らないの!」

何回イラついたことでしょう。

月に4,000円も払ってるんだから、ちゃんとしてよ!

仕事中に周りに当たり散らしてましたねw

そのたびに現場のスタッフから嫌な顔されて、仲のいい同僚から「サヤちゃん怒らないで!」って慰められるというの…

そんなことが私の日課になっていきました。

WiMAXの料金明細を見て悶絶

WiMAXの月額料金って、高くないですか?

安いWiMAXは探せばあるものの、WiMAXの相場は月額4,000~4,500円。

家電量販店で契約すると、税抜で4,380円とかなので、税込で4,600円ぐらいになってしまいます。

LAVI渋谷でWiMAXを契約すると月額4380円の写真
※LAVI渋谷のWiMAX料金

ヨドバシカメラ新宿東口店でWiMAXを契約すると月額4730円の写真
※ヨドバシカメラ新宿東口店のWiMAX料金

さらに、電波が届かずLTEスイッチを入れた場合には、1,005円プラスになって…

結局、月5,600円とか!

さすがにこの時は悶絶しました。

だって、契約するときに最初に2か月は2600円ぐらいとか言われて契約したのに…

結局5000円オーバーかよ、って思いました。

そもそも、wifiにかける通信費は4,000円ぐらいに抑えたい…。

希望を言えば、3,000円ぐらいにしたい…。

でも、WiMAXを使っていると、通信費がかさむ一方。

WiMAXを使用していて、料金面での不満がどんどんたまっていきました。

WiMAXのLTEを使い込んで月末まで速度制限くらう

キャッシュバックの受け取りに失敗する

ネクストモバイルと出会って…

ネクストモバイル公式キャプチャ

その日の夜、一緒にご飯を食べに行った同僚に「そんなにイライラしてるなら、サヤちゃんもネクストモバイルにするのがいいよ。」と教えてもらいました。

「ネクストモバイルはLTEが付いているから、地下でも全然入るよ」

と同僚は言っていました。

私はネクストモバイルと聞いて、それがモバイルwifiルーターの事だとはわかりませんでした。モバイルwifiと言えば、WiMAXかワイモバイルしかないと思ってたんです。

後で調べてみたら、ネクストモバイルがMVNO(エムブイエヌオー)系のモバイルwifiであることが分かりました。

ちなみに、NTTドコモもオリジナルでモバイルwifiを販売していることが分かりました。

「WiMAXはLTEがオプションだから地下入んないんだよ。私たちみたいに地下とかオフィス街でwifi使う人は、LTEついてるやつの方がいいよ。」

そういわれて、LTEについて調べました。

そういえば、WiMAXにもLTEスイッチというのがあって、一か月に何回か入れると、

でも、それはwifi全体がそういうものだと思っていて、LTEが標準で付いているwifiがあるなんてことを知りませんでした。

そういえば、解約月が来月になっていて、安いWiMAXはないかなと探していたところで、ネクストモバイルの公式サイトを見て驚きました。

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、無線通信インフラを他社から借りて運営することの意味。

つまりネクストモバイルは、携帯会社から無線通信インフラを借りて運営していて、ソフトバンクの電波で通信できます。

つまり、地下や電車の中でも電波が入るLTE機能が標準装備。

さらに、ここからが凄いのですが…

ネクストモバイルの容量制限は月20GB。

月20GBまでLTE機能が使い放題です。

ワイモバイル系は1か月5GB。

WiMAXはオプションでLTE利用したり、3年契約にするとLTE機能が使えますが、LTEに関しては1か月7GBまで。

つまり、圧倒的に電波がいいLTE機能を、存分に利用できるモバイルwifiルーターなのです!

ネクストモバイルは電波が入らないところがほとんどない

ネクストモバイルを使ってみて最初に感じたことは、どこで使っても電波が入らないということはないな、ということでした。

自宅はもちろん入りますし(管理人は都内の下北沢在住です)、渋谷や新宿と言ったビルが多く立ち並ぶ地域に行っても、電波が入らないことはほぼありません。

それどころか、地下の喫茶店、電車の中でも全然入りました。

カフェミヤマ渋谷公園通り店でネクストモバイルの電波が入るかを試してみた
※渋谷公園通りのcafe miyama(地下)

ルノアール新宿西口一丁目店でネクストモバイルの電波が入るかを試してみた
※ルノアール新宿西口一丁目店(地下)

小田急線下北沢駅の地下2階ホームでネクストモバイルが電波が入るか試してみた
※小田急線下北沢駅の地下2階ホーム

ネクストモバイル電車の中でも電波が入るの証拠写真
※走っている電車の中

すべて、余裕の電波3本ですw

WiMAXを使用していた時代、電波が入らなくてイライラしていたのが嘘のようです。

ネクストモバイルの速度を、あえて地下で測ってみた

ネクストモバイルの速度を測ってみた

ネクストモバイルの端末は、富士ソフトのFS030Wという端末です。

FS030Wの最大スピードは、理論値で下り最大150Mbps。

WiMAXの最新機種であるW05は、理論値で下り最大758Mbps。

ちょっと心許ないかな?

最初はそう思っていました。

地下に電波が届くと言っても、スピードが遅いとまたイライラしそうだし、そこまでいかなくても、スピードは速いに越したことはない。

まあでも、電波が届くということは、スピードは出るはず。

WiMAXを使用した経験則から、何となくわかっていました。

WiMAXは、電波が弱いから、電波が届いていたとしても、全然理論値のようなスピードが出ませんよね…

それで、契約して、実際使ってみたところ…

ネクストモバイルのスピードをルノアール新宿西口一丁目店で計測してみた

あえて、地下1階のルノアール新宿西口一丁目店で計測してみました(笑)

下り16.5Mbpsでした。

しかも、入り口から一番遠い席で計測したので、入り口付近ならもう少し出ると思われます。

16.5Mbpsといったら、普通のインターネットでは何の苦も感じることなく、普通にサクサクとネットサーフィンできるスピードです。

YouTubeも見てみましたが、何の問題もありませんでした。

パソコンでこれだけ快適なので、通信容量の少ないスマートフォンでの通信なら、全くもって問題ありません。

WiMAXは下りが最大738Mbpsだからと言って、理論値ですから、これだけのスピードが出るケースはまずありえませんよね…

圧倒的に便利になった

なぜネクストモバイルの電波がこんなにいいかというと、LTE機能が標準装備だからです。

ネクストモバイルLTE機能搭載のキャプチャ

LTE機能とは、携帯の電波も一部利用して通信できる機能の事で、4Gと呼ばれたりもします。

ネクストモバイルは、ソフトバンクのLTEを使用しています。

携帯って、基本的には地下でも電車の中でも電波入りますよね?

それと同じで、携帯の電波が届く所なら、大体電波が届くんです。

一度、大阪に出張の時に、新幹線のトンネル内で電波を確認してみましたが、電波が入りました。

LTEの威力は凄いです。

ネクストモバイルを使用し始めたことで、打ち合わせ場所を選ばなくなりました。

地下の喫茶店で打ち合わせしようと言われても、問題なし。

電車で調べ物しようとしても問題なし。

仕事場であるイベント会場が地下であっても、何の問題もありません。

LTE機能がついているなら、電波が届きます。

WiMAXなら、こんなこと無理ですよねえ…。

通信費のコストカットになった

ネクストモバイルを使い始めて感じたことは、料金が超安いので、通信費のコストカットになったということです。

管理人は、容量制限20GBのプランを使用していますが、月額は2,981円です。

なんと、3,000円を切る料金なんです。

ネクストモバイル料金表

容量制限を30GBにしても

最近50GB制限のプランも登場しましたが

UQ WiMAX公式と比較したら、かなり安い料金である事が分かります。

ネクストモバイルはLTE機能が20GBまで使える

これがネクストモバイルを使用して、一番メリットだったと思うことですが、LTE機能が20GBまで使用できるということです。

LTE機能は上述の通り、エリアをグッと広げてくれる4Gとも呼ばれる機能の事です。

20GBだったら、WiMAXの方が上じゃないの?

いえいえ。

WiMAXは確かに、一か月の容量制限は無制限です。

しかし、WiMAXが使用できるのはノーマルWiMAXのエリア内のみです。

WiMAXにもLTE機能が付いていますが、WiMAXのLTE機能の容量制限は1か月7GBです。

さらに、WiMAXなら1か月7GBに到達させないために、スイッチを入れたり切ったりしないといけません。(これが実に面倒…)

ネクストモバイルなら、LTE機能が20GBまで使用できるので、スイッチをいちいち切り替えることもする必要なく、ずっと広いエリアで通信することが可能になります。

これが、ネクストモバイルの最大のメリットだと私は感じました。

容量制限の20GBで私は十分

公式サイト⇒ネクストモバイル

ネクストモバイルの使用感

利用開始が簡単

パスワードが数字のみなので入力しやすい

スマホでも標準通信

もちろんパソコンでも標準通信

ネクストモバイルのデメリット

電源のスイッチが若干遅い

端末に表示される累計通信量は、一か月でリセットされない

たまに回線が混む時がある

デメリットを考えて、契約すべきwifiなのかどうか?

公式サイト⇒ネクストモバイル