ネクストモバイル実際に使用した使用感などの口コミ情報をご紹介します

株式会社グッド・ラックから発売されているモバイルwifiルーターであるネクストモバイル(NEXTmobile)を、本当に契約してしまっていいのかどうか、情報をお探しではないですか?

ネクストモバイルは非常に優れたモバイルwifiで、今一番買いのwifiです。

私は長年WiMAXを使用してきましたが、ネクストモバイルに乗り換えたところ…

エリアが驚くほど広がった
電池の持ちが驚くほどよくなった
月額料金が1,000円以上下がった
LTE通信がWiMAXより多くできる
カバンに入れっぱでスマホ通信にも使えた

多くのメリットがありました。

当サイトは、実際にネクストモバイルを使用している管理人が、デメリットも明確にしつつ、ネクストモバイルの口コミ情報を公開したいと思います。

WiMAXへの不満が募る日々…

私は、約6年もの間WiMAXを使用していました。

年々進化を遂げているWiMAXではありますが、利用中、多くの不満点を抱えていました。

WiMAXはとにかく電波が入らない

WiMAXは、電波が届かないことがとにかく多かったです。

特に、私が住む東京都心では高い建物が多く、遮断物に弱いWiMAXの電波に本当に苦しめられました。

渋谷、新宿、池袋といった主要都市で打ち合わせをしようものなら、全く使い物にならず、泣く泣く追加料金を払って、LTEスイッチ(有料でエリアが広がる機能)を入れていました。

また、私はイベント関係の仕事をしており、会場が地下である事が多く、WiMAXは地下で電波が届くことはほとんどありませんから

「もう!どうして電波が入らないの!」

何回もイラつきました。

月に4,500円も払ってるんだから、ちゃんとしてよ!

周りに当たり散らしてましたw

そのたびに現場スタッフから嫌な顔をされて、仲のいい同僚からは「サヤちゃん怒らないで!」って慰められるという…

はあ…

WiMAXの電波さえ入れば…

何度そう思ったことでしょう。

WiMAXは、電波が入らないことが多い!

WiMAXは料金が高い

WiMAXの月額料金は、高いです。

安いWiMAXは探せばあるものの、WiMAXの相場は月額4,000~4,500円です。

LAVI渋谷でWiMAXを契約すると月額4380円の写真
※LAVI渋谷のWiMAX料金

ヨドバシカメラ新宿東口店でWiMAXを契約すると月額4730円の写真
※ヨドバシカメラ新宿東口店のWiMAX料金

私はネットで買いましたが、月額4,000円ちょっとで利用していました。

さらに、電波が届かずLTEスイッチを入れた場合には、1,005円プラスになって…

結局、税込で月5,600円とかw

月5,600円になると、やっぱりきついです。

契約するときはホームページに3,500円~とか書いてあったから契約したのに…(小さく2か月だけって書いてあって…)

そもそも、wifiに関する通信費は、最低でも4,000円以下に抑えたい…。

希望を言えば、3,000円ぐらいにしたい…。

はあ…

WiMAXって、なんだかんだ言って、高いよなあ…

何回思ったことでしょう。

WiMAXの料金は高い!LTE使ったら月額5,600円になることも!

WiMAXのLTEを使い込んで月末まで速度制限くらう

上述したWiMAXのLTE機能ですが、追加料金ではあるものの電波の入りがとてもよくなります。

地下であろうと電車の中であろうと関係なく、どこでも入るようになります。

ですが、WiMAXのLTEにはもう一つ難点があって、LTE制限というのが要注意なんです。

WiMAXにおけるLTE機能の容量制限は月間7GB。

7GBを超えて通信するともちろん速度制限に引っかかるんですが、WiMAXなら3日10GBの容量制限があって、その速度制限は1日たてば解除されるのに、LTEの速度制限は月末まで解除されません。

その場合、LTEだけじゃなく、普通のWiMAX通信も速度制限を月末までくらって、解除する術はなし。

端末は、月末までただの塊にw

これで滞った仕事がいくつあったことでしょう。

WiMAXはLTEの速度制限にひっかかると、通常のWiMAX通信まで月末まで低速に!

キャッシュバックの受け取りに失敗する

私はWiMAXを2万円ほどのキャッシュバックが付いたプランで契約していました。

その分月額料金が少し高いプランでしたが、トータルコストは安くなると思ったし、とってもお得だと思っていました。

特にホームページには、キャッシュバックの事を大きく謳っていて、お得感が強かったです。

で、契約して、キャッシュバックはいつ受け取れるんだろうと思ったら1年後ぐらいでした。

で、1年後。

忘れますよ!1年後なんて!

でも、ふとした時に思い出して、キャッシュバックの受取方法を探したところ、契約した時にメールアドレスが発行されていて、そのメールアドレスに送ると書いてあるじゃないですか。

それで、そのメアドを探したんですけど、見当たらない。

まあ、これに関しては私が悪いんですけど…

でも、後で聞いたら、そのメールアドレスを受信できるようにしていたとしても、そのメアドには大量の広告メールが毎日送られてきて、それに紛れてキャッシュバック受取のメールが突然やってくるのだと。

大多数の人は、広告メールを見るのがうんざりしているから、キャッシュバックメールをスルーしてしまうのだと。

何というセコさ!

はあ…

WiMAXはもういいや…

そう思った瞬間でした。

WiMAXのキャッシュバック受取は難易度が高く、受取に失敗した時の残念さが半端ない!

ネクストモバイルと出会って…

ネクストモバイル公式キャプチャ

その後、一緒にご飯を食べに行った同僚に「そんなにイライラしてるなら、サヤちゃんもネクストモバイルにするのがいいよ。」と教えてもらいました。

「ネクストモバイルはLTEが付いているから、地下でも全然入るよ」

と同僚は言っていました。

私はネクストモバイルと聞いて、それがモバイルwifiルーターの事だとはわかりませんでした。モバイルwifiと言えば、WiMAXしかないと思ってたんです。

「WiMAXはLTEがオプションだから地下入んないんだよ。私たちみたいに地下とかオフィス街でwifi使う人は、LTEついてるやつの方がいいよ。」

そう言われて、WiMAXでも何となく使っていたLTEについて調べたところ、LTEが標準で使えるwifiなんてものがあることを知りました。

というか、LTEが標準で使えないのはWiMAXだけ。

NTTドコモのwifiもソフトバンクのポケットwifiも、みんなLTEは標準装備で、もちろんネクストモバイルもLTEが標準装備であることを知りました。

ガビーン!!(古)

それから色々調べてみたところ、ネクストモバイルがMVNO(エムブイエヌオー)系のモバイルwifiであることが分かりました。

MVNOとは、Mobile Virtual Network Operator(仮想移動体通信事業者)の略で、無線通信インフラを他社から借りて運営することの意味。

つまりネクストモバイルは、携帯会社から無線通信インフラを借りて運営していて、ソフトバンクの電波で通信するwifiのようです。

そして、WiMAXでは有料だったLTE機能が無料で使える(というか、通常の通信がLTE通信。)。

さらに、ここからが凄いのですが…

お値段なんと2年間ずーっと月額2,760円。
容量制限は月20GB。
月20GBまでLTE機能が使い放題。

ガビーン!!(古)

過去は忘れるとして…(笑)

ネクストモバイルは、コスパが良いモバイルwifiルーターだと直感でわかりました。

WiMAXからネクストモバイルに乗り換えて…

それからWiMAXの解約月がやってきたので、無事に無料で解約できて(笑)、ネクストモバイルを契約しました。

ネクストモバイルは電波が入らないところがほとんどない

ネクストモバイルを使ってみて最初に感じたことは、どこで使っても電波が入らないということはないな、ということでした。

自宅はもちろん入りますし(管理人は都内の下北沢在住です)、渋谷や新宿と言ったビルが多く立ち並ぶ地域に行っても、電波が入らないことはほぼありません。

それどころか、地下の喫茶店、電車の中でも全然入りました。

カフェミヤマ渋谷公園通り店でネクストモバイルの電波が入るかを試してみた
※渋谷公園通りのcafe miyama(地下)

ルノアール新宿西口一丁目店でネクストモバイルの電波が入るかを試してみた
※ルノアール新宿西口一丁目店(地下)

小田急線下北沢駅の地下2階ホームでネクストモバイルが電波が入るか試してみた
※小田急線下北沢駅の地下2階ホーム

ネクストモバイル電車の中でも電波が入るの証拠写真
※走っている電車の中

すべて、余裕の電波3本ですw

WiMAXを使用していた時代、電波が入らなくてイライラしていたのが嘘のようです。

ネクストモバイルは速度が速い!あえて地下で測ってみたw

ネクストモバイルの速度を測ってみた

ネクストモバイルの端末は、富士ソフトのFS030Wという端末です。

FS030Wの最大スピードは、理論値で下り最大150Mbps。

WiMAXの最新機種であるW05は、理論値で下り最大758Mbps。

ちょっと心許ないかな?

最初はそう思っていました。

地下に電波が届くと言っても、スピードが遅いとまたイライラしそうだし、そこまでいかなくても、スピードは速いに越したことはない。

まあでも、電波が届くということは、スピードは出るはず。

WiMAXを使用した経験則から、何となくわかっていました。

WiMAXは、電波が弱いから、電波が届いていたとしても、全然理論値のようなスピードが出ませんよね…

それで、契約して、実際使ってみたところ…

ネクストモバイルのスピードをルノアール新宿西口一丁目店で計測してみた

あえて、地下1階のルノアール新宿西口一丁目店で計測してみました(笑)

下り16.5Mbpsでした。

しかも、入り口から一番遠い席で計測したので、入り口付近ならもう少し出ると思われます。

16.5Mbpsといったら、普通のインターネットでは何の苦も感じることなく、普通にサクサクとネットサーフィンできるスピードです。

YouTubeも見てみましたが、何の問題もありませんでした。

パソコンでこれだけ快適なので、通信容量の少ないスマートフォンでの通信なら、全くもって問題ありません。

WiMAXは下りが最大738Mbpsだからと言って、理論値ですから、これだけのスピードが出るケースはまずありえませんよね…

なぜネクストモバイルがこんなに電波がいいのか

なぜネクストモバイルの電波がこんなにいいかというと、やはり、LTE機能が標準装備だからです。

ネクストモバイルLTE機能搭載のキャプチャ

LTE機能とは、携帯の電波も一部利用して通信できる機能の事で、4Gと呼ばれたりもします。

ネクストモバイルは、ソフトバンクのLTEを使用しています。

携帯って、基本的には地下でも電車の中でも電波入りますよね?

それと同じで、携帯の電波が届く所なら、大体電波が届くんです。

一度、大阪に出張の時に、新幹線のトンネル内で電波を確認してみましたが、電波が入りました。

LTEの威力は凄いです。

ネクストモバイルを使用し始めたことで、打ち合わせ場所を選ばなくなりました。

地下の喫茶店で打ち合わせしようと言われても、問題なし。

電車で調べ物しようとしても問題なし。

仕事場であるイベント会場が地下であっても、何の問題もありません。

LTE機能がついているから、電波が届きます。

WiMAXなら、こんなこと無理です。

通信費のコストカットになった

ネクストモバイルを使い始めて感じたことは、料金が超安いので、通信費のコストカットになったということです。

管理人は、容量制限20GBのプラン「ギガネクスト20」を契約していますが、月額は2,760円です。

クレジットカードのネクストモバイル請求の証拠、2,981円の請求

なんと、税込でも3,000円を切る料金なんです。2年間ずっと。

ネクストモバイル料金表
↑↑↑※公式サイトは30GBプランを推してきますが、私は20GBで十分かな…

WiMAXなら安いものでも、標準の月額が3,000円を切ることはまずあり得ません。

それどころか、キャッシュバック型なら、標準で4,500円ぐらいが相場です。

ネクストモバイル BIGLOBE WiMAX
契約年数 2年 2年
電波 ソフトバンク回線 WiMAX2+
端末料金 0円 0円
事務手数料 3,000円 3,000円
月額料金 2,760円 4,380円
月額割引 なし 2か月間3,695円
キャッシュバック なし 30,000円
24か月トータル 69,240円 78,972円
月平均 2,885円 3,291円

老舗プロバイダーで料金が安めのBIGLOBE WiMAXと比較しても、かなり安い料金である事が分かります。

ネクストモバイルはLTE機能が20GBまで使える

これがネクストモバイルを使用して、一番メリットだったと思うことですが、LTE機能が20GBまで使用できるということです。

LTE機能は上述の通り、エリアをグッと広げてくれる4Gとも呼ばれる機能の事。

20GBだったら、WiMAXの方が上じゃないの?

いえいえ。

WiMAXは確かに、一か月の容量制限は無制限です。

しかし、WiMAXが使用できるのはノーマルWiMAXのエリア内のみです。

WiMAXにもLTE機能が付いていますが、WiMAXのLTE機能の容量制限は1か月7GBです。

さらに、WiMAXなら1か月7GBに到達させないために、スイッチを入れたり切ったりしないといけません。(これが実に面倒…)

ネクストモバイルなら、LTE機能が20GBまで使用できるので、スイッチをいちいち切り替えることもする必要なく、ずっと広いエリアで通信することが可能になります。

これが、ネクストモバイルの最大のメリットだと私は感じました。

↓↓↓ネクストモバイル公式サイト↓↓↓

NEXTmobile公式サイト

ネクストモバイルのその他のメリット

ここからは、ネクストモバイルを実際に使用していて、メリットだと感じたことをご紹介していきたいと思います。

パスワードが数字のみなので入力しやすい

ネクストモバイルの接続には、パスワードが必要ですが、全部数字なので入力が楽です。

PC接続も楽ですし、特にスマホでの入力が楽でした。

wifiのパスワードって時々複雑なのありますよね?

あれって、スマホで入力するときが結構大変なのですが、ネクストモバイルの場合は数字なので超簡単です。

一度、仕事先で一緒になったスタッフが、スマホの速度制限に引っかかっていたようで

「モバイルwifi持ってるんですか?電波借りることってできますか?」

って、聞かれたことがあったんですが

「いいですよ。FSで始まる電波飛んでません?」

「あ、ありました。」

「パスワード言いますね。全部数字で…」

めっちゃ簡単って喜ばれましたw

ネクストモバイルの端末FS030Wは、同時に15台まで接続できます。

FS030W同時接続数
引用:https://www.fsi.co.jp/mobile/plusF/products/FS030W.html

なので、最大14名のお友達と一緒に使うことが出来ます。

まあ、ないでしょうけどw

仮にあったとして(笑)、パスワードの入力はとても簡単で、喜ばれます。

また、容量制限が20GBもあるので、他人に電波を貸しても、よほどの使われ方をしない限り、気になることはありません。

スマホでの通信が楽

私はネクストモバイルをスマートフォンでも接続しています。

スマートフォンで接続することで、スマートフォンのパケット定額を下げることが出来るので、こちらも通信費の節約になります。

ちなみに私は、スマートフォンの容量制限は1GBにしています。

なので、スマホ代は超安になりました。

スマホ通信は、ほぼ全てネクストモバイルで通信するので、スマホの速度制限に引っかかったことは、ネクストモバイルを契約してから一回もありません。

スマホ設定に関しては、wifi設定を常時オンにしておくだけ。

地下でも電車の中でも電波が届かないことはないので、カバンに入れっぱなしにして、普通にスマホを触りたい時に触っています。

あと、FS030Wは、端末の電池が20時間も持つので、ずっと電源を入れっぱなしにしていても、1日の外出で電池が切れることはありません。

なので、カバンに入れっぱなし、電源入れっぱなしです。

あとは、外出するときに忘れないようにすることと、帰宅したら充電するのを忘れないようにするだけなので、超楽です。

ネクストモバイルのデメリット

これまでネクストモバイルの使用感をお伝えしてきましたが、メリットを中心にお伝えしましたので、デメリットに関しても記載しておきたいと思います。

電源のスイッチの入りが若干遅い

まあ、デメリットというほどでもないのですが、端末の電源スイッチを入れてから電源が付くまでの時間が、WiMAXの端末よりも数秒遅いかなと思いました。

ただし、数秒なので、ほとんど気にする必要はないと思いますが、一応デメリットとして記載しておきます。

急いでるときに、電源が入るのが少し遅かったら、少しだけイラっとする、というようなレベルで、通信に影響が出ることということではありません。あくまで電源がオンになるまでのタイムの話です。

でも、ネクストモバイルのFS030Wは充電が20時間持つ端末なので、電源が切れるというシチュエーションが充電し忘れたときぐらいなので、あまり気にする必要はないと思います。

端末に表示される累計通信量は、一か月でリセットされない

これは、ちょっとビミョーな点になります。

ネクストモバイルは容量制限が20GBなので、一応、月間の通信量をチェックします。

FS030Wは端末に使用した通信量がリアルタイムに表示されるのですが、この端末の通信量表示は、月をまたいだ時に自動的に0にリセットされるわけではありません。

自身で、富士ソフトのホームページへ行って、リセットする必要があります。

FS030Wの通信量表示のリセット方法
引用:https://www.fsi.co.jp/mobile/plusF/products/FS030W_faq/FS030W_2_2.html

これが少し面倒です。

もし、リセットしなかった場合、前月の通信量に上乗せした状態で通信量が増えていくので、当月の通信量が正確に測れません。

色々聞いていると、ワイモバイルのポケットwifi端末は、月をまたぐと自動的にリセットされるようですが、ネクストモバイルは自分でやらなくてはいけません。

ただし、もう月間20GBを超えることはないだろうとわかってきたら、リセットもしませんし、端末の通信量をチェックすることもしません。放っておけばいいと思います。

また、WiMAXは今どれぐらい通信しているのか表示すらされませんので、デメリットというほどでもないかもしれません。

たまに回線が混む時がある

ネクストモバイルはソフトバンク回線を使って通信するwifiになります。

なので、ソフトバンク回線が混む時には、少し速度が遅くなる時があります。

大体傾向があって、夕方17時~18時の間に、あれ?っていう時がたまにあります。

あくまで、あれ?って感じです。しかも毎日ではなく、月に数日、あれ?って感じです。

10分も20分も低速になったりとか、128kbpsのような速度制限がかかっているぞというような感じではありません。

あくまで、あれ?って感じです。

放っておいたら直ります。

昔は、ソフトバンク回線は、12~13時と17~19時がつながりにくいと言われていたようですが、今はもうそんなことはありません。

ちょっと混んでるのか?ってぐらいの時がたまにあるので、一応デメリットとして記載しておきます。

デメリットを考えて、ネクストモバイルは契約すべきwifiなのかどうか?

ここまで、ネクストモバイルの使用感についてご紹介してきましたが、では、ネクストモバイルは、今買いなのか?と質問されたなら、間違いなく「買いです!」と答えます。

即答です。

ネクストモバイルは、本当どこでも電波が入るので、WiMAXを利用していた時代の「ここは電波入るかな?」と伺いながら打ち合わせ場所を選んだり、電車の中でネット通信を我慢したりすることはなくなりました。

相当のストレス減です。

また、容量制限の20GBに関しては、私にとっては十分です。

YOU TUBEとか、私なら知り合いのSHOWROOMとかたまに見ますけど、そんなにバンバン見ないですし、行っても月の通信量は10GBぐらいです。

私の知り合いも、4GBぐらいって言ってました。

本当、容量制限20GBあれば十分です。LTE機能も20GB使えるわけですし、これもメリットです。

それに、何より月額3,000円未満で利用できるwifiはそうありません。スマホと一緒に使えば、スマホ代も節約できます。

2年契約というのも嬉しいですね。WiMAXは3年契約が増えてきていますし。

少なくとも私は、WiMAXを使用していた時よりも、ネット通信が相当快適になりました。

カバンに入れっぱなしで、地下であろうと電車の中であろうと、パソコンもスマホも普通に通信出来て、電池の持ちが20時間あって、家に帰って充電して外出するときに忘れないで持っていくだけ。

それで、コストカットまで実現できたわけですから、もっと多くの人にネクストモバイルを使ってほしいと今感じています。

↓↓↓ネクストモバイル公式サイト↓↓↓

NEXTmobile公式サイト